平手友梨奈、『ドラゴン桜』で魅せた演技力!吉田美月喜も話題に

平手友梨奈、『ドラゴン桜』で魅せた演技力!吉田美月喜も話題に

  • RBB TODAY
  • 更新日:2021/05/03
No image

『ドラゴン桜』第2話 (c)TBS

もっと画像を見る

阿部寛主演の日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)第2話が2日、15分拡大で放送され、平手友梨奈の熱演が話題だ。

同作で平手が演じているのは、全国屈指のバドミントン選手として将来を嘱望されている岩崎楓。コーチの指導を真摯に聞き、さらに親の言いつけも忠実に守る娘としての顔のウラで、過度な期待がプレッシャーとなり、万引きに手を染めてしまう。

No image

(c)TBS

No image

(c)TBS

それを阿部演じる桜木建二に見つかり、次第に追い詰められていくのだが、そんな二面性の強い役柄が、見る者を惹きつける。桜木とも堂々と渡り合う眼光の鋭さも注目だ。

また今回、彼女は大学推薦をかけた大会で、両足で同時に跳びながらシャトルを打ち返す“ジャンプスマッシュ”を連発。これは滞空時間の長い難易度の高い技とのことだが、ストイックな平手の練習の賜物とも言えよう。

No image

(c)TBS

No image

(c)TBS

No image

(c)TBS

劇中、そんな楓とバドミントンのダブルスを組むのが清野利恵。演じるのは2017年にスカウトされ芸能界入りしたばかりの新進女優・吉田美月喜だが、『ネメシス』(日本テレビ系)でも好演。『今際の国のアリス』『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に出演するなど実力派女優で注目度が上昇中。今回は楓を支えるバディでありながら、実はコーチとグルになって楓を陥れようとする。自分のやってしまったことに罪悪感も感じる難しい役どころだが、ネットでも「めちゃくちゃ演技力すごすぎる」「罪悪感で涙が溢れる演技すごかった」など注目のコメントが殺到した。

No image

(c)TBS

No image

(c)TBS

次回、ついに"東大専科"の授業がスタート。ネットからは「いよいよ勉強がはじまる」など待ちきれない声があふれている。『ドラゴン桜』第3話は9日よる9時放送。

杉山実

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加