ククレジャがバルサ復帰に言及「チャンスが巡ってきたら...」

ククレジャがバルサ復帰に言及「チャンスが巡ってきたら...」

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/10/17
No image

ヘタフェのククレジャ

ヘタフェでプレーする元FCバルセロナのDFマルク・ククレジャはSPORTのインタビューに応じた。彼は、この夏の移籍、今週末のバルサ戦、レオ・メッシの退団騒動などについて触れた。

■夏にヘタフェを去る可能性も?
いくつかのチームが興味を持っていたが、ヘタフェよりも良いものはなかった。家族も僕も本当に幸せだよ。素晴らしいチームだし、昨シーズンからの守備の良さもキープしている。去年はロックダウンまでは素晴らしいシーズンだった。物事は我々の思い通りにはならなかった。監督を信頼しているし、自分を成長させることができるので、それは僕にとって重要なことだ。

■17日(土)の、ロナルド・クーマン監督率いるバルサとの対戦について
彼らはここ数年と同じスタイルを見せていると思う。彼らはいくつかの面で変化を遂げている。彼らは今でも素晴らしいチームで、すべてのトロフィーを目指して戦うだろう。

■若い選手たちにはもっとチャンスがあるのか?
アンスやリキが示したように、彼らがラ・マシアを信頼していることを示せば、選手たちはいつもそれに応えてくれる。試合を与えれば、彼らはそれに応えてくれる。

■退団することに失望しましたか?
そうだね。彼らが僕にチャンスを与えてくれたとは思えない。コパの試合で5分間プレーしただけだし、自分の力量があるかどうかを示すのは難しい。一方で、その決断が僕を今のような選手にしてくれた。アカデミーの選手にとっては厳しいことだが、僕にはサッカーの世界で成功するチャンスがある。バルサではなく、他の場所を探さなければならなかったが、エイバルとヘタフェのおかげでリーガの選手になり、スペインU21でプレーできるようになった。

■復帰の扉はいつでも開いているのでしょうか?
バルサはいつまでもバルサだよ。僕のホームだからね。誰もがいつかは故郷に帰りたいと思っている。僕は自分のために、良いキャリアを積むためにプレーしている。もしいつかバルサに戻るチャンスが巡ってきたら、本当に喜んで戻りたいと思う。

■あなたはもうサイドバックではないという人もいるが
僕はずっと左サイドバックをやっていた。U10年代からバルサBまではね。バルサでは、ピッチの高い位置でプレーしていた。システムの中では少し上の位置にいても、僕のプレーはあまり変わっていない。

■メッシの退団報道について
最初は信じられなかった。ただの運営側への怒りだと思っていた。僕は苦しかった。それは、彼らがクラブでうまくいっていないことを示している。クラブの歴史に名を残す彼のような選手が、バルサとトロフィーを争う他のチームに行きたがるのは、幸せではないことを示している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加