【天皇賞・春】(1)ワールドプレミア 距離延長も歓迎、陣営「ここまで充実して臨めるのは初めて」

【天皇賞・春】(1)ワールドプレミア 距離延長も歓迎、陣営「ここまで充実して臨めるのは初めて」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/03

ワールドプレミアは角馬場からCWコースを半周。大江助手は「落ち着きがあるし、ここまで充実して臨めるのは初めて」とニッコリ。一昨年の菊花賞馬で距離延長は歓迎。「操縦性があるので3200メートルは心配していない。あとはジョッキーの手綱さばきに期待します」と力を込めた。

No image

ワールドプレミア

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加