退団浮上の助っ人Jリーガー4選手は? 「日本で活躍する4人が帰国の可能性」と報道

退団浮上の助っ人Jリーガー4選手は? 「日本で活躍する4人が帰国の可能性」と報道

  • Football ZONE WEB
  • 更新日:2021/11/25
No image

名古屋のブラジル人MFガブリエル・シャビエル【写真:佐藤彰洋】

退団の可能性が浮上しているJリーグのブラジル人4選手を母国メディアが紹介

今季のJリーグも佳境を迎え、退団選手も発表され始めているなか、ブラジルメディア「TORCEDORES」はJリーグでプレーするブラジル人4選手に母国帰国の可能性があると報じた。

「日本で活躍する4人のブラジル人が帰国の可能性も」と伝えたのはブラジルメディア「TORCEDORES」。「ブラジル人が日本のクラブと契約するのはよくあることだ。ジーコやレオナルドがJリーグに行ってから、日本ではサッカーが人気になった」と記しつつ、「ブラジルサッカー界で経験を積んだ4選手は、Jリーグのクラブと契約が終了し、再び母国でプレーする可能性がある」と続けた。

1人目は名古屋グランパスの10番MFガブリエル・シャビエルだ。2017年から名古屋でプレーし、今季で在籍5シーズン目を迎える。今季はリーグ戦19試合ノーゴールで、「クルゼイロで長い間プレーしていた。28歳のMFは日本クラブとの契約が終了するため、ブラジルのクラブにとってはオプションとなる可能性がある」としている。

2人目は、今季から鹿島アントラーズでプレーするMFアルトゥール・カイキ。リーグ戦で14試合に出場し、途中出場が多いながらも5ゴールを決めている。「最近クルゼイロでもプレーした選手」と紹介した。

3人目は、柏レイソルのMFドッジだ。今季フルミネンセから加入し、長らく出場の出番がなかったものの、直近の3試合は先発出場。リーグ戦14試合に出場しているが、「25歳のMFは契約更新の兆しがなく、22年にはブラジルサッカー界に戻ってくるかもしれない」と報じている。

最後に「30歳のFWもまた、日本でサッカーを続けるべきではない1人だ」と綴られているのが、ガンバ大阪のFWレアンドロ・ペレイラ。松本山雅FC、サンフレッチェ広島を経て、今季からG大阪に加入し、リーグ戦で24試合5ゴールの結果を残す。しかし、第28節以降はベンチ外が続いており、母国帰国の可能性が高いと見られているようだ。

各クラブが人員を整理する時期に差し掛かっており、どのような動きを見せるのか注目が集まる。(Football ZONE web編集部)

Football ZONE web編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加