広瀬すず、自分の演技で抱え続ける苦悩とは?

広瀬すず、自分の演技で抱え続ける苦悩とは?

  • TVerプラス
  • 更新日:2022/05/14
No image

広瀬すずが、5月15日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される『日曜日の初耳学』(MBS・TBS系、毎週日曜22:00~)に出演。番組内の大人気企画「インタビュアー林修」に登場し、林修先生と一対一でデビューからこれまでを振り返り、その原点や知られざる苦悩や葛藤、俳優という仕事への思いを語る。

【動画】『日曜日の初耳学』の最新回を視聴する

同番組は、いま知っておくべき話題のトレンドを物知りな林先生とやさしく掘り下げ、日曜の夜をちょっとだけ元気にするバラエティ。大政絢もMCとして出演し、この日は新井舞良、石井亮次、大家志津香、澤部佑(ハライチ)、鷲見玲奈、中島健人(Sexy Zone)も出演する。

広瀬は、14歳の時にスカウトされ芸能界へ。初めて出演したドラマ『幽かな彼女』で同世代の俳優たちと共演するなかで仕事の楽しさに目覚めたといい、初主演ドラマ『学校のカイダン』で“負けたくない”という内なる思いを爆発させ、これを転機に俳優としての才能を一気に開花させた。

人気作品に次々と出演し、初主演映画『ちはやふる』での競技かるたをはじめ、乗馬、チアリーディングなど、演技以外の練習が必要な役を数多く演じてきた広瀬だがいったいどんな風に演技と向き合ってきたのだろうか。

また、公開中の映画『流浪の月』の役作りに触れ、自らの演技についてある苦悩を抱え続けていることを明かす。もがき苦しむその胸の内とは? さらに、いつも広瀬の心を支えてきた先輩俳優たちとの深い絆についてのエピソードが、テレビ初披露として語られる。

そして「初耳トレンディ」のコーナーでは、登録者300万人越えの宅トレYouTuber・竹脇まりなが話題の「ロフトレ」を徹底解説する。

「ロフトレ」とは生活雑貨専門店「ロフト」で買えるおしゃれなトレーニンググッズのこと。おうち時間が増えたことで売り上げが伸びている宅トレグッズの中でも、インテリアにも馴染む「ロフトレ」は大人気だという。そこで竹脇が、おすすめのロフトレグッズを厳選。中島が実際にトレーニングを体験しながら、竹脇が詳しく解説する。

なお、前回の放送では、斎藤工が「インタビュアー林修」に登場。幼い頃からの自身を知る恩師の言葉に思わず涙する場面があった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加