日本勝利の立役者、堂安&浅野の衝撃ゴールを海外メディアも絶賛!「最高の形で復活を遂げた」

日本勝利の立役者、堂安&浅野の衝撃ゴールを海外メディアも絶賛!「最高の形で復活を遂げた」

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2022/11/25
No image

(C)Getty Images

その衝撃はまさに世界を震撼させた。

11月23日、カタールワールドカップで、日本代表がドイツ代表と対戦。2-1で勝利し大金星を挙げた。前半にPKを献上し先制点を許すも、森保一監督は後半からシステム変更を決断。攻撃的布陣で攻め続け、後半30分に堂安律が、さらにその8分後には浅野拓磨がドイツゴールのネットを揺らしている。

【ゴール動画】日本がドイツに歴史的逆転劇!堂安律の同点弾、浅野拓磨の逆転弾のシーンをチェック!

今季よりドイツのフライブルクに加入した堂安、ボーフムで2シーズン目を過ごしている浅野、ブンデスリーガに籍を置く2人のゴールによりサッカー大国ドイツを撃破した。そのインパクトが大きかったことは、現在の海外メディアの反応を見ても明らかだ。

モロッコのニュースサイト『H24info』でも、試合翌日の11月24日に日本代表の勝利や勝利の立役者となった堂安、浅野の活躍を伝えており「水曜日にドーハのカリファ・スタジアムで行われたワールドカップでは、ブンデスリーガの2人、リツ・ドウアンとタクマ・アサノがドイツを圧倒的に苦しめた」と絶賛している。

また同メディアは浅野について「ボーフムのアサノは、僅かな時間で日本中の真のヒーローになった」と逆転ゴールを称え、さらに「今季、最下位に沈むボーフムでは苦難に直面しており、第6節のシャルケ戦は膝を負傷した。9月中旬から出番がなかったが、最も美しい舞台で最高の形で復活を遂げた」として、公式戦復帰となった試合でのパフォーマンスに賛辞を贈った。

堂安に対しても「フライブルクで今季の開幕戦をゴールで飾ったドウアンは、アサノの8分前に日本の同点弾を決めていた。タクミ・ミナミノのシュートをノイアーが精一杯押しとどめた後、彼は6メートルの距離から無人のネットにボールを押し込む位置にいた」として同点ゴールを振り返った。

同メディアは他にも「ワールドカップ終了後、この日の2人のストライカーにとって最も辛いことは、マンシャフト(ドイツ代表の愛称)にあれだけのプレーを見せつけた後、それぞれのクラブに戻ることかもしれない」として今後の所属リーグとの関係への懸念をジョーク交じりで述べている。

下馬評を大きく覆し、劇的な日本の勝利を呼び込んだ堂安、浅野の両選手への評価は、カタール大会初戦で一気に高まることとなった。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加