NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
【満月】7月24日 水瓶座の満月の日に行うといいこと

【満月】7月24日 水瓶座の満月の日に行うといいこと

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/07/22

2021年7月24日(土)11:38に、月は満月となります。

約29.5日かけて天の12星座をゆっくりと巡る月は、水瓶座に入座しています。

この時期に、どんな風に過ごすのがよいか、西洋占星術研究家の岡本翔子先生がアドバイスしてくれます。

No image

ひとりで行動する時間をつくってみる

ごく稀に、同じ星座の初めと終わりで2回続けて、満月が起こることがあります。

これは満月から次の満月までが29日半であるのに対し、太陽が一つの星座を通過するのに30日かかるためです。

この夏は水瓶座の1度と29度で2回満月が起こります。最初の満月は7月24日。

「自分を縛るものから自由になりたい」「自分を変えたい」という気持ちが高まる日です。

そこでおすすめなのが“おひとりさま”行動です。

行き先を決めずに街を散策する、日帰り旅行に出かける、一人映画や、一人で興味をそそられるセミナーやイベントなどに参加するのもおすすめです。

人間への好奇心が増す日なので、出会いのチャンスもあるでしょう。

水瓶座の満月の下では、年齢や性別、また国籍をも超えた美しい友情が育ちます。

アメリカ先住民は、7月の満月をサンダームーン(雷月)、ミードムーン(草地月)、またコーンタッセルムーン(とうもろこしの房月)などと呼んでいます。

突然の落雷で月がかき消えてしまいませんように。

〈『ムーンブック2021』(ディスカバー)より〉

岡本翔子 (おかもと しょうこ)

占星術家。ロンドンにある英国占星術協会で心理学をベースにした占星術を学ぶ。CREAでは創刊号から星占いを担当。月に関する著作・翻訳も多く、月の満ち欠けを記した手帳『MOONBOOK』は、17年続くロングセラーに。モロッコへの造詣が深く、砂漠で月や星を眺めるのがライフワーク。月と美容、ボディケア、料理などを絡めた記事も好評を博している。

公式サイトhttp://okamotoshoko.com
公式ブログhttp://ameblo.jp/okamotoshoko
Facebookhttp://on.fb.me/1mBVz6m

文=岡本翔子

岡本翔子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加