新型コロナ 長野県内の新規感染は211人・5市村が新たにレベル「5」に

新型コロナ 長野県内の新規感染は211人・5市村が新たにレベル「5」に

  • SBCニュース
  • 更新日:2022/01/15
No image

新型コロナ 長野県内の新規感染は211人・5市村が新たにレベル「5」に

県内できょう、新たに211人が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。
県は安曇野市など5つの市と村の感染警戒レベルを「5」に引き上げました。
新たに感染が確認されたのは男女211人で、市町村別では長野市で49人、飯田市で20人、白馬村で17人、松本市で14人、伊那市で9人、上田市と小谷村で8人ずつなどとなっています。
年代別では20代が49人と最も多く、次いで10代が35人、10歳未満が27人と若い世代が多くなっています。
過去最多の49人の感染が確認された長野市では、新たに飲食店で利用者など7人の集団感染が確認されました。
長野市保健所の小林良清所長は直近の感染者のウイルスのうち7割から8割が、デルタ株からオミクロン株に置き換わっているとの認識を示しました。
県は、感染者が増えている須坂市、千曲市、安曇野市、岡谷市、原村の感染警戒レベルを「5」の特別警報Ⅱに引き上げました。
これでレベル「5」は、19の市町村となりました。
このほか県内10の圏域すべてに、レベル「4」の特別警報Ⅰが出されています。

mosa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加