「チェンソーマン」藤本タツキ、「サイコ・ゴアマン」を鑑賞し「最高最悪のラスト」

「チェンソーマン」藤本タツキ、「サイコ・ゴアマン」を鑑賞し「最高最悪のラスト」

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/07/21

「チェンソーマン」「ルックバック」のマンガ家・藤本タツキが、「サイコ・ゴアマン」のイラストを描き下ろした。

No image

藤本タツキによる「サイコ・ゴアマン」描き下ろしイラスト。

すべての画像・動画を見る(全14件)

「サイコ・ゴアマン」は、カナダ発のSFスプラッター・ヒーローアドベンチャー。銀河で恐れられていた“残虐宇宙人”をよみがえらせた少女ミミとその兄ルークが、「サイコ・ゴアマン」と名付けた彼を絶対服従させ、子供のいたずらに付き合わせるさまが描かれる。「仮面ライダー」「人造人間ハカイダー」など日本の特撮を敬愛するスティーヴン・コスタンスキが監督を務めた。

本作を鑑賞した藤本は「今年一番面白かった映画でした! 最高最悪のラストでした!」と感想を寄せた。また描き下ろしイラストには、宝石を使ってサイコ・ゴアマンを自由自在に操るミミの姿が収められている。

「サイコ・ゴアマン」は7月30日より東京・シネマート新宿ほか全国で順次ロードショー。

(c)2020 Crazy Ball Inc.

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加