二宮和也のタトゥー&ひげビジュアルに、菅田将暉が惚れぼれ「すごいかっこよかった」

二宮和也のタトゥー&ひげビジュアルに、菅田将暉が惚れぼれ「すごいかっこよかった」

  • 映画.com
  • 更新日:2020/09/15
No image

二宮和也と妻夫木聡が兄弟役で共演

二宮和也妻夫木聡が兄弟役で共演した映画「浅田家!」の完成報告会が9月14日、東京・六本木のグランドハイアット東京で開催された。二宮と妻夫木をはじめ、黒木華菅田将暉風吹ジュン平田満、原案となった写真集を手掛けた写真家・浅田政志氏、メガホンをとった中野量太監督が登壇した。

湯を沸かすほどの熱い愛」の中野監督が、浅田氏による2冊の写真集をもとに紡いだオリジナルストーリー。幼い頃から写真を撮ることが好きだった政志(二宮)は、様々なシチュエーションで家族がコスプレをする写真を集め個展を開催し、写真集「浅田家」を出版する。そして、見事木村伊兵衛写真賞を受賞すると、全国から撮影依頼が寄せられるように。写真家としてようやく軌道に乗り始めた政志だったが、ある日、東日本大震災という未曾有の天災が発生する。

No image

ずらりと並んだ豪華キャスト陣に、二宮は「贅沢でした。僕にとってもいろんな作品で見ていた方たちだったので、一緒に『よーいスタート』でお芝居を切れるというのは、贅沢な時間でしたね。皆で同じところに向かっていきましたし、中野監督もあたたかい演出をして下さったので、楽しくできたなと思いますね」としみじみ。妻夫木は二宮との初共演に、「『感受性豊かなんだろうな』とはずっと思っていたんですが、実際に共演してみて、画面の中で自由に羽ばたいている方だなと思いました。瞬発力が本当にすごいなと。『よーいスタート』がかかった瞬間に、政志さんが憑依するような感じでしたね」と賛辞をおくる。そして、「(二宮さんが)現場で熱心に携帯をいじっていたんですよ。勉強してるのかなと思ったらパズドラで、めちゃくちゃプロ級の腕前でした(笑)。半年後くらいに、そのまんまの動きでパズドラのCMをやってましたね」と暴露し、笑いを誘っていた。

No image

さらに、菅田は「緊張していたんですが、二宮さんと目が合った瞬間に一気に緊張感がなくなって、癒されるような、あたたかい何かに包まれるような現場にしてくれました」と感謝する。続いて「イメージを裏切られたこと」を問われ、「タトゥーとひげ、すげえ似合いますよね。二宮さんにはまっていて、すごいかっこよかった」といい、二宮も「ありがとう! ものすごく時間をかけないと生えないので、浅田さんくらいまで生やそうと思うと年単位(で時間がかかる)。僕としても新鮮でした」と、満足気な笑みを浮かべていた。

一方で二宮は、菅田を「ずっといろんな作品を見てて、一緒にやってみたいな思っていた方」といい、念願の共演だったと伝える。「現場に行ったら全然菅田くんが見当たらなかったんですが、実は隣にいたんですよ。もうステージが違うんですよね。自分は現場に入って、いろんなことについ反応しちゃうんだけど、菅田くんは既に(演じた)小野くんで……。『あんまりはしゃいじゃダメなんだな』と思った(笑)」と、笑い交じりに絶賛した。

No image

母と暮せば」でも二宮と共演した黒木は、本作で政志の幼なじみ・若奈役を務めた。距離感の近い役どころだが、「二宮さんなら大丈夫だな」という安心感があったといい、「撮影に入る前に二宮さんとお仕事でご一緒した時に、『浅田家!』の話になって、『この役やるよね?』と脅されました(笑)。『やらなきゃな』という気持ちになりましたね」と明かす。二宮は「やっぱりやってもらいたいじゃないですか!」といい、ふたりは顔を見合わせてほほ笑んでいた。

撮影前には、二宮&妻夫木&風吹&平田が扮した劇中の浅田家と、モデルとなった実際の浅田家が対面する機会が設けられたという。二宮は「家族の空気を感じることができたので、良かったです。バラエティ番組などでいろんな家に訪問する時に、子どもはそれぞれ、『お父さんが好きなのか、お母さんが好きなのか』違うんですよね。今回『浅田さんはどうなのかな』と見た時に、お父さん、お母さん、お兄ちゃんに等分の愛情があって、すごく珍しい人だなと。そこは、裏テーマとして表現したいなと思いました」と、役づくりを述懐した。

浅田家!」は、10月2日から全国東宝系で公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加