志田愛佳、欅坂46卒業以来2年ぶりダンス挑戦 住野よる&THE BACK HORNコラボ作の動画出演

志田愛佳、欅坂46卒業以来2年ぶりダンス挑戦 住野よる&THE BACK HORNコラボ作の動画出演

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/09/16
No image

異色のコラボレーション小説『この気持ちもいつか忘れる』のプロモーション動画に志田愛佳が出演

累計300万部突破の『君の膵臓をたべたい』の著者・住野よる氏と、ロックバンド・THE BACK HORNによる、異色のコラボレーション小説『この気持ちもいつか忘れる』(新潮社)が、16日に発売。異色のコラボ作の発売を記念して、欅坂46の元メンバーでモデルの志田愛佳が、グループ卒業以来2年ぶりのダンス挑戦が収められたプロモーション動画が公開された。

【動画】志田愛佳、欅坂46卒業以来2年ぶりダンス挑戦

住野氏が、学生時代から敬愛するTHE BACK HORNと、作品の構想段階から打ち合わせを重ね、創作の過程も共有し、双方向に影響を与え合うことで生み出された新しい形のコラボ作で、元々、住野氏のファンだったという志田が、2年ぶりのダンスに挑戦。劇中で流れる「輪郭」は、『この気持ちもいつか忘れる』作中で異世界の少女が口ずさむ曲をTHE BACK HORNが具現化し、歌詞の一部を住野氏が書き下ろすという、本作のコラボを象徴するような楽曲となっている。

動画の中で、志田はコンテンポラリーダンスを披露。「私自身、住野よる先生の作品を以前から愛読していたので、今回このような機会をいただけて、とても光栄です! 新作小説とともに、この小説プロモーション映像も皆さんに楽しんでいただければと思います」と呼びかけている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加