【ダイヤモンドS】7番人気グロンディオーズが奇跡の復活!重賞初勝利

【ダイヤモンドS】7番人気グロンディオーズが奇跡の復活!重賞初勝利

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

芝長距離ハンデ重賞「第71回ダイヤモンドS」が20日、東京競馬場で行われ、7番人気グロンディオーズ(牡6=田村)が重賞初勝利。重度の屈腱炎で長期休養を余儀なくされた素質馬が復活を印象づけた。

No image

ダイヤモンドSを制した三浦騎乗のグロンディオーズ(撮影・西川 祐介)

奇跡の復活劇。重度の屈腱炎を乗り越えたグロンディオーズが力強く先頭でゴール板を駆け抜けると、田村師は拳を強く握った。「長く休ませて多くの方に迷惑を掛けた。どうしてもこの馬に重賞を獲らせたかった。(同期の)フィエールマンには勝てなかったけど本当にいい馬なんだ」

究極のマラソンレース。道中は中団馬群の真ん中で脚をためた。直線半ばで1番人気オーソリティが抜け出すと、ただ一騎、追い掛けた。「2着馬を見ながら理想的な競馬。動きだしでいつももたつくところがあるけど、追いついてくれると信じていた」と三浦。長い直線でじわじわと差を詰め、ゴール前で計ったように差し切った。田村師は「ラスト10メートルまで負けたと思っていたよ」と笑った。

3年前の菊花賞後に屈腱炎を発症。競走馬の全盛期とされる3~5歳にかけて1年8カ月、ターフを離れた。馬体重は一時、600キロを超えた。厩舎、牧場で丁寧なリハビリと懸命のケアを施されカムバック。ついにG1を望める位置まで来た。指揮官が「2000メートルでもついていけないから長い距離がいい。脚元のこともあるし2カ月ぐらいは間隔を空けた方がいい」と話すように、天皇賞・春(5月2日、阪神)参戦となれば直行が濃厚だ。6歳ながら新星。グロンディオーズの逆襲が始まった。

◆グロンディオーズ 父ルーラーシップ 母シェリール(母の父サンデーサイレンス)15年4月10日生まれ 牡6歳 美浦・田村厩舎所属 馬主・サンデーレーシング 生産者・北海道安平町のノーザンファーム 戦績10戦5勝(重賞初勝利) 総獲得賞金1億187万6000円 馬名の由来は壮大な(フランス語)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加