木炭に練り込み覚醒剤を密輸か ブラジル人ら5人逮捕 浜松市の会社で保管

木炭に練り込み覚醒剤を密輸か ブラジル人ら5人逮捕 浜松市の会社で保管

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2021/11/25
No image

テレビ静岡

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

大量の木炭に覚醒剤を練り込み密輸したとみられる5人を逮捕です。

麻薬特例法違反の疑いで逮捕されたのは、静岡県湖西市に住むブラジル国籍のエライ・エウソン・マサオ容疑者(54)と浜松市北区に住むベトナム国籍のド・タイ・ツアン容疑者(43)ら男5人です。

警察によりますと5人は11月17日、ツアン容疑者が経営する浜松市内の会社の敷地内でコンテナから降ろした荷物を、覚せい剤として所持していた疑いです。

警察では5人はトルコから密輸した24トンの木炭の中に覚せい剤を練り込み、「木炭」と輸入申告して荷物を受け取ろうとしたとみています。

5人は「覚醒剤とは知らなかった」と、容疑を否認しているということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加