【MLB】前田健太は「試合を優位に進めていった」 6回無失点投球をバルデリ監督称賛

【MLB】前田健太は「試合を優位に進めていった」 6回無失点投球をバルデリ監督称賛

  • フルカウント
  • 更新日:2021/05/04
No image

レンジャーズ戦に先発したツインズ・前田健太【写真:Getty Images】

6回1死まで無失点、8個の三振を奪った前田健太

■ツインズ 6ー5 レンジャーズ(日本時間4日・ミネソタ)

ツインズの前田健太投手は3日(日本時間4日)、本拠地でのレンジャーズ戦に先発し、今季2勝目をマークした。6回1死まで2安打無失点8奪三振と好投。試合後は「自分にとってプラスになる内容だったなと思います」と振り返った。

初回2死から、ロウを見逃し三振に仕留めて3者凡退の立ち上がりを見せた前田。2回2死二、三塁、3回2死二、三塁と相次いでピンチを招いたものの、ともに三振で窮地を脱して雄叫びをあげた。4回はガルシア、ダールと連続三振を奪って、前のイニングから3連続三振に。6回先頭のソラックを三ゴロに仕留めたところで降板となった。

前田は5回1/3を投げて2安打無失点8奪三振の好投。ツインズは終盤に1点差まで追い上げられて冷や汗をかいたものの、辛くも勝利。試合後、ロコ・バルデリ監督は「今日の登板を見る限り、ケンタは最終的に多くの打席で優位に立っていた。球数が早い段階で若干増えていったが、彼は力強い投球を試合を通じて続けていた。そして試合を優位に進めていった。非常に良い先発登板だった」と語り、好投を称えていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加