「道路の真ん中に車をとめ、文句を言ってきている」狸小路近くで、車の走行めぐり...タクシー運転手に暴行、62歳の男を逮捕

「道路の真ん中に車をとめ、文句を言ってきている」狸小路近くで、車の走行めぐり...タクシー運転手に暴行、62歳の男を逮捕

  • HBCニュース
  • 更新日:2022/10/04
No image

22日夜、札幌市の中心部の路上で、60代のタクシー運転手の男性の胸を叩いたとして、62歳の男が逮捕されました。

暴行の疑いで逮捕されたのは、札幌市西区に住む62歳の自称・建設土木作業員の男です。
この男は22日午後6時半ごろ、狸小路やススキノに近い札幌市中央区の路上で、60代のタクシー運転手の男性の胸を手の甲で叩いた疑いが持たれています。
警察によりますと、男は、車の走行をめぐり、運転手の男性と口論になり、カッとなって犯行に及んだとみられています。
運転手の男性が「男が道路の真ん中に車をとめて、文句を言ってきている」と通報、駆け付けた警察官がその場で男を逮捕しました。
取り調べに対して62歳の自称・建設土木作業員の男は「手の甲で押したことは、間違いない」などと話し、容疑を認めているということです。
警察は、引き続き当時の状況などを詳しく調べています。

9月23日(金)午前8時32分配信

HBC北海道放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加