投票率アップへ...お笑い芸人が「主権者教育」宮崎県

投票率アップへ...お笑い芸人が「主権者教育」宮崎県

  • 宮崎ニュースUMK
  • 更新日:2022/06/23
No image

テレビ宮崎

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

3年前の参院選で宮崎選挙区の投票率は全国で最下位でした。

日南市では、笑いの力で若者の政治参加を促がそうとお笑い芸人などによる主権者教育が行われました。

日南市の日南学園高校で3年生156人が参加した主権者教育。

講師は全国で主権者教育の出張授業を行う笑下村塾のたかまつなな代表です。

23日は宮崎県出身の永野さんとSAYAKAさんも登場。

永野さんは年代によってネタを使い分けていることを笑いを交えて紹介。

たかまつさんは政治家も年代によって演説内容を使い分け政策が投票率の高い高齢者向けになりがちな現状を説明しました。

(SAYAKAさん)

「(選挙)行ってほしいですね、世の中変わっていかないと思うので」

(永野さん)

「最後抜き打ちで来ますここに」

「投票率の低い県の汚名返上して頂きたい。大人も変わっていくので是非皆さん(若い人)から行動を起こしていただきたい」

日南学園高校3年生で選挙権があるのは3割ほどです。

(日南学園3年生冨田琉きさん)

「最近選挙権のはがきがきてそれで実感が沸いて今日もしっかり授業を受けることができました。」

生徒たちは体験型の授業を楽しみながら政治や選挙とのかかわりを学んでいました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加