巨人リリーフも炎上 鍵谷がデスパイネ満塁被弾

巨人リリーフも炎上 鍵谷がデスパイネ満塁被弾

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

巨人対ソフトバンク 7回表ソフトバンク1死満塁、右中間に満塁本塁打を放つデスパイネ(撮影・河野匠)

<SMBC日本シリーズ2020:巨人-ソフトバンク>◇第2戦◇22日◇京セラドーム大阪

陽平投手(30)が満塁弾を浴びた。5点を追う7回に4番手で登板。

安打と四球で1死満塁のピンチを背負うと、この日無安打ながら2打点を挙げていたデスパイネに146キロ直球を右中間に運ばれた。2本塁打を放った18年以来、2年ぶりの日本シリーズでの本塁打。

直前の1死一、二塁の場面では栗原の三遊間へのゴロを坂本がダイビングキャッチ。素早く二塁に送球したが、間に合わず満塁となっていた。1試合6打点は日本シリーズタイ記録。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加