東海道・山陽新幹線ネット予約サービスが「MaaS」に進化へ、まずは2次交通など観光コンテンツの新サイト開設

東海道・山陽新幹線ネット予約サービスが「MaaS」に進化へ、まずは2次交通など観光コンテンツの新サイト開設

  • トラベルボイス
  • 更新日:2021/10/14

JR東海およびJR西日本は、東海道・山陽新幹線のネット予約&チケットレス乗車サービス「EXサービス(エクスプレス予約およびスマートEX)」で、2021年11月1日からポータルサイト「EX 旅のコンテンツポータル」を開設する。これは、EXサービス画面と直接リンクし、利用者向けに出張や旅行で利用できるホテルや二次交通などのコンテンツを4つのカテゴリー別に紹介するもの。

「ホテルプラン」では、東急ホテルズ、プリンスホテル&リゾーツ、都ホテルズ&リゾーツ、JR東海ホテルズ、JR西日本ホテルズの協力で、EX向け特別価格の宿泊プランを提案する。

「観光プラン」では、神社仏閣と連携した特別企画や三河湾の島々をめぐるプランなどのコンテンツを紹介。 山陽エリアでは、せとうち観光ナビ「setowa」で提供している観光サービスも案内する。

「交通サービス」では、新幹線駅から乗り継ぐ在来線のお得な周遊きっぷ、タクシー配車アプリ、カーシェア・レンタカーのサイト・アプリなどを紹介。

「ビジネス向けサービス」では、EXサービス会員向けワークスペース 「EXPRESS WORK」やビジネスや学びに役立つオンラインコンテンツを無料で会員に紹介する。

2023年夏には「EX-MaaS (仮称)」として、EXサービスのサイト内で予約から決済まで完了する仕組みを導入する計画。

No image

報道資料より

トラベルボイス編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加