中島健人「アイドル戦国時代」の渦中でAKB48、乃木坂46と「学園キラキラ」モノで連続共演

中島健人「アイドル戦国時代」の渦中でAKB48、乃木坂46と「学園キラキラ」モノで連続共演

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/04/08
No image

中島健人

【U25】ジャニーズと共演した女性アイドル列伝

第14回 中島健人(Sexy Zone) AKB48、乃木坂46とも共演多数!キラキラ学園映画を席巻

この連載は、たのきんトリオからSixTONES、Snow Manまで、歴代のジャニーズ事務所所属者(または元所属者)が映画やテレビドラマで共演した女性アイドルの傾向や歴史的意味合いなどを分析していくものである。つまり、男性アイドルを語りつつ、“その共演者”という視点で女性アイドルの歴史も併せて紐解く内容だ。

なお、女性アイドルの定義はアバウトなものとするが、データの膨大化を避けるために年齢制限を設け、対象作品を原則的に男性アイドルが25歳までに出演した映画、テレビドラマに限定する。

今回は、3月に27歳の誕生日を迎えたSexy Zoneの中島健人と、彼の2020年3月までの作品での共演女性アイドルをピックアップしよう。

▶中島健人(1994年3月13日生まれ)と同学年の女性アイドル:高城れにももいろクローバーZ)、山本彩(元NMB48)、秋元真夏(乃木坂46)、渡辺美優紀(元NMB48)、小島瑠璃子武井咲渡辺麻友島崎遥香

■初主演作では当時乃木坂46の橋本奈々未が彼女役だった

2021年でCDデビュー10周年を迎えるSexy Zoneのなかで、特に映画やドラマへの出演回数が多いメンバーのひとりが最年長の中島健人だ。

中島は、「B.I.Shadow」のメンバーとしての活動と同タイミングで、菊池風磨(のちにSexy Zone)らとともに『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』(2008年/日本テレビ系)でテレビドラマ初出演を経験。

続いて、中山優馬主演の『恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ~』(2009年/フジテレビ系)で、中山演じるヴァンパイアのクラスメイト役で出演した。ここでは、桜庭ななみ岡本玲峯岸みなみ(AKB48)ら当時のアイドルたちが共演している。

中島が演じるキャラクターが好意を持つ女子生徒を演じた桜庭は「ミスマガジン2008」グランプリ受賞者で、岡本は『ニコラ』(新潮社)モデル出身。峯岸は同ドラマ放送開始翌日に初開催されたAKB48の「シングル 選抜総選挙」で16位にランクインしている。

次の『大切なことはすべて君が教えてくれた』(2011年/フジテレビ系)で、中島は「全日本国民的美少女コンテスト」出身の武井咲演じるクラスメイトに振られる地味目な高校生を演じた。

続いて、堀北真希主演のホームドラマ『生まれる。』(2011年/TBS系)では、一転して合コンが趣味の大学生の役ながら、特定の相手役は設定されていない。同じく大学生を演じた『家族のうた』(2012年/フジテレビ系)も同様だった。

中島にとって連続ドラマ初主演作は『BAD BOYS J』(2013年/日本テレビ系)だ。これは、ファンにとってなかなか刺激的な作品だった。

なぜなら、現Snow Manの岩本照深澤辰哉渡辺翔太Kis-My-Ft2二階堂高嗣A.B.C-Z橋本良亮ほか多数のジャニーズメンバーと、乃木坂46(*は当時)の橋本奈々未(*)、桜井玲香(*)、高山一実若月佑美(*)、能條愛未(*)、秋元真夏、伊藤万理華(*)、伊藤寧々(*)がズラリ共演し、板野友美(当時:AKB48)も出演するというキャスティングだったのだ。

しかも、中島演じた不良グループのリーダーと、橋本奈々未(2017年に引退)演じた女性との恋愛展開もあったのだから穏やかではなかった。さらにこの作品は同年に映画化され、そこには乃木坂46から、生駒里奈白石麻衣も投入されている。

ただし、当時の乃木坂46はAKB48を凌ぐような存在に成長する前であり、ポスタービジュアルなどの扱いはジャニーズ勢と50/50ではなかった。

続いて中島は、深夜ドラマ『黒服物語』(2014年/テレビ朝日系)でキャバ嬢役の柏木由紀(AKB48)とも共演。上記の「同学年の女性アイドル」の顔ぶれを見れば分かるように、中島は“アイドル戦国時代”と同時代の男性アイドルなのである。

■映画では高校生役でキラキラ系恋愛が次々に花開く

20歳を過ぎた中島は、『黒服物語』に続き、『ガードセンター24 広域警備指令室』(2016年/日本テレビ系)で警備会社職員、『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(2018年/日本テレビ系)では警察官と、テレビドラマでは社会人役を演じる機会が増えいく。

ただし、何故か同年代のアイドルが恋人役で登場……という展開はナシ。作曲家を演じた『砂の器』(2019年/フジテレビ系)に婚約者役で桜井日奈子、愛人役で土屋太鳳が出演している程度だ。

しかし、映画では状況がまったく異なる。そのルックスとキャラクターは映画界に重宝され、下記のようなキラキラした学園モノでの高校生役での出演が続いたのだ。そして、それらの作品では、シーンの最先端を走る女性アイドル、若手女優がヒロインとして出演している。

映画『銀の匙 Silver Spoon』(2014年)=広瀬アリス
映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』(2016年)=小松菜奈
映画『心が叫びたがってるんだ。』(2017年)=芳根京子石井杏奈
映画『未成年だけどコドモじゃない』(2017年)=平祐奈山本舞香
映画『ニセコイ』(2018年)=中条あやみ

ただし、この路線も『ニセコイ』で打ち止めの模様だ。中島の最新作は、ベストセラー恋愛小説を原作とし、Netflixで2022年配信予定の映画『桜のような僕の恋人』である。

この作品では、ある特別な事情を抱えた女性(松本穂香)と恋におちるカメラマン志望の青年を演じる。俳優として真価が問われる作品となりそうだ。

(文/ミゾロギ・ダイスケ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加