神戸・古橋が2試合連続スタメン サッカー日本代表

神戸・古橋が2試合連続スタメン サッカー日本代表

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/17
No image

試合前にアップする南野(左端)ら日本代表イレブン(撮影・吉澤敬太)

「国際親善試合、日本-セルビア」(11日、ノエビアスタジアム神戸)

日本代表のメンバーが発表され、GKは権田修一、最終ラインは室屋成、植田直通、谷口彰悟、長友佑都で形成する。

ダブルボランチには橋本拳人(ロストフ)と守田英正(サンタ・クララ)が入る。MF古橋亨梧がワントップに入ると見られ、タジキスタン戦に続き2試合連続のスタメンとなった。

▽GK

権田修一(清水エスパルス)

▽DF

植田直通(ニーム)

室屋成(ハノーバー)

長友佑都(マルセイユ)

谷口彰悟(川崎)

▽MF

伊東純也(ヘンク)

橋本拳人(ロストフ)

守田英正(サンタ・クララ)

鎌田大地(フランクフルト)

南野拓実(サウサンプトン)

古橋亨梧(神戸)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加