大分トリニータ、選手1名が新型コロナ陽性に。ルヴァン杯徳島戦でオンサイト検査実施へ

大分トリニータ、選手1名が新型コロナ陽性に。ルヴァン杯徳島戦でオンサイト検査実施へ

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2021/05/04
No image

大分トリニータ

明治安田生命J1リーグの大分トリニータは3日、選手1名がPCR検査の結果、新型コロナウイルス陽性と判定されたことを公式発表している。

クラブの発表によると、当該選手は2日に発熱の症状を訴えると、3日に自主的にPCR検査を行った結果陽性判定が出ている。これを受けてトップチームの選手やクラブ関係者を対象にPCR検査を実施。結果は4日にも判明する予定となっている。

また、大分トリニータは5日にYBCルヴァンカップのグループステージ第5節・徳島ヴォルティス戦を控えているが、この一戦ではJリーグ新型コロナウイルス感染症対応オンサイト検査を実施することもあわせて発表している。

大分トリニータは2日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節・清水エスパルス戦で久々の勝利をあげていただけに、これ以上の新型コロナウイルス陽性による離脱者を出したくないところだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加