超特急、10歳記念に成人式イベント開催 20周年へ「誰よりも速く突っ走っていきたい」

超特急、10歳記念に成人式イベント開催 20周年へ「誰よりも速く突っ走っていきたい」

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/01/15
No image

超特急が成人式イベントを開催

超特急が10歳を記念に成人式イベント

メインダンサー&バックボーカル「超特急」が14日、都内でアニバーサリーイベント「超特急と成人式」を行なった。

同イベントは、グループが10歳(=10周年)を迎えたことにちなんで、20歳の新成人と1/2成人式を迎える10歳を対象に行われたもの。

「超特急と成人式」と映し出されたモニターがステージに上がると同時に会場には楽曲「Yell」が流れ、黒のフォーマルなスーツに身を包んだメンバーが登場。人生の節目を迎えた人々に“エール”を送り、8号車(=ファン)に向けてカイは「今日は僕たちと同じく10歳を迎えた方々、20歳を迎えた方々と一緒にお祝いして、何よりも楽しい日にできたら」とにっこり呼びかけた。

イベントでは、メンバーが20歳の頃の写真も公開。公園の滑り台で撮られたタクヤの謎な風貌カットには、おもわずタカシも「おじさん?」とツッコミ、カイも「何軒も飲食店を経営してそう」とつぶやき、会場を笑わせた。

再びライブパートになると楽曲「Starlight」や「My Buddy」などをパフォーマンス。タクヤが「今回は成人式ということで、とても特別な1曲を最後に披露したいと思います。俺ら超特急がいるから未来は明るいぜ! 超特急についてきて! 毎日笑顔で過ごしていこうぜ!」と8号車へ呼びかけると、応援ソング「fanfare」をチョイス。

リョウガが「(超特急がグループとして)20歳の誕生日を迎えられるように、皆さんの背中を押していけるように、誰よりも速く突っ走っていきたいと思っております。悲しいこと、つらいことがあったときに僕たちが支えになれるように、俺たちらしくやっていきます!」と宣言。ユーキも「最高の1年にしましょう」と約束し、イベントは幕を閉じた。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加