エクセルで文字数をカウントする方法とは?カウント方法は1種類じゃない?!

エクセルで文字数をカウントする方法とは?カウント方法は1種類じゃない?!

  • ママテナ
  • 更新日:2021/11/25

エクセルを用いて文字列をカウントしたい場合、そのカウント方法にはあらゆる解釈があります。それは、

文字列の文字数をカウントしたい場合のカウント方法指定した範囲内の文字列がいくつあるかカウントする方法重複している文字列を1つとして求めた結果、その種類の数をカウントする方法

です。要するに、文字そのものをカウントするのか、それとも半角を1として、全角を2としてそれぞれカウントするのか、指定した範囲の文字列をカウントしたいのか、重複している文字列を1つとした際に、その種類はいくつあるかをカウントするかです。

この記事では、そんなエクセルのあらゆるカウント方法を順に解説します。カウント方法をそれぞれ解説すると同時に、後半ではカウントに対するエラーの対処法を解説しています。

一緒にやっていくことでスムーズに理解できるので、ぜひこの機会にマスターしてくださいね。

エクセルの文字列をカウントする方法

エクセルの文字列の文字数をカウントする方法は、【LEN関数】を使用します。LEN関数とは文字数を算出してくれる関数のことを指します。

関数は「=LEN(文字数をカウントしたいセル数値)」になります。

では実践していきましょう。

No image

まずはこのような商品名が書かれたエクセルがあったとします。

商品名のセル列の横に、文字数をカウントさせるための表を作成します。

A3【あげ】の横のセル内に【=LEN(A3)】と記入しましょう。

No image

【Enter】を押すことで、A3のセル内には文字が二つあることを意味する【2】が関数によって表示されました。

No image

1箇所ずつ関数を打っていくのはとても手間のかかることなので、オートフィル機能を用いて一括表示をしましょう。

B3セルの右下角にポイントを合わせると太字の【+】が表示されます。

そしてそのまま【+】を文字数を知りたい表までドラッグ&ドロップします。

No image

マウスから指を離すことで関数が指定したB列のセルすべてに入力され、指定した範囲のB列セルに、それぞれA列セルの文字数をカウントしてくれました。

これで文字列の文字数カウントは完了です。非常に簡単なため、すぐに覚えることができるでしょう。

文字列の半角を1として、全角を2としてカウントする方法

先ほどは文字列にある文字をそのまま一文字とカウントしていましたが、半角や全角などがバラバラで入力されていることもあります。

例えば、住所です。

住所の場合は、全角の漢字と半角数字の丁目や半角英語のマンション名などが混合しています。このように、全角半角混合となった文字列に対して、

半角=1全角=2

とカウントする方法を解説します。

No image

住所が記載されたエクセルを用意しました。

この表の右側に【バイト数】と書かれた列がありますが、これが半角と全角をそれぞれ計算して求めた答えを表示するセルです。

半角=1全角=2

を求めるためには、先ほどとは異なり【LENB関数】を使用します。

表記方法は「=LENB(半角1、全角2で求めたいセルの数値)」と記入します。

この場合はA3セルの半角全角それぞれの文字数を知りたいので「=LENB(A3)」と入力し

【Enter】を押します。

No image

そうすると、【バイト数】のC3のセル内に、A3の半角/全角それぞれを計算した数値が表示されました。

No image

先ほどと同様に、オートフィル機能を用いて一括表示をしましょう。

このC3セルの右下角にマウスを合わせ太字の【+】を表示させたら、そのまま文字数を知りたい場所へとドラッグ&ドロップしましょう。

No image

そうすると、選択したセルすべてにLENB関数が自動的に入力され、A列に対しての文字数がカウント表示されました。

どちらも非常に似ている関数であり、一文字の有無で意味合いが大きく異なりますから、ここでしっかりと覚えておくようにしましょう。

【LEN関数】半角/全角問わず文字数をカウントしたいとき【LENB関数】半角を1、全角2として文字数をカウントしたいとき

あらかじめエクセルで指定した文字列の個数をカウントする方法

知りたいセルの文字列を範囲を指定していくつあるのかをカウントする方法もあります。

この場合は【COUNTIF関数】を使用することで簡単に調べることができます。

例えば、この下の画像の表で言うと、

No image

あげと付く文字列が複数あるものの【あげ】という名称の商品は1つであることがわかります。これをCOUNTIF関数を用いて調べて見ましょう。

No image

指定文字列には【あげ】を

【指定文字列の個数】には「=COUNTIF(A3:A18,D3)」と入力します。

この関数は「A3のセルからA18のセルの中にD3のセル(「あげ」という文字)はいくつあるか」を意味しています。

関数を入力し終えたら【Enter】を押しましょう。

No image

目視でも確認できたとおり、関数を用いても【あげ】の文字列は【A列】のなかに【1つ】あるこことが表示されました。

mamatenna

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加