阪神・才木がリードの展開も3回1失点で降板 ブルペン総動員へ2番手は島本

阪神・才木がリードの展開も3回1失点で降板 ブルペン総動員へ2番手は島本

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

◇セ・リーグ 阪神―広島(2022年9月23日 マツダ)

No image

<広・神>初回2死一塁、才木は松山を三振に仕留める(撮影・平嶋 理子)

阪神先発の才木は、3回4安打1失点で降板した。4点を先制してもらった初回に1死二塁で西川に右前適時打を許して1点を失ったものの、2回以降は走者を背負いながらも要所を締めた。4回の打席で代打を送られて今季最短でマウンドを降りることになった。

チームは5位からの逆転CS進出で負けられない一戦。24日からは3日間試合がないため、ベンチは早めの継投を決断した。2番手には左腕の島本が上がった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加