速っ池江100自予1位で400リレー派遣記録突破

速っ池江100自予1位で400リレー派遣記録突破

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

女子100メートル自由形予選 レースを終え、タイムを確認する池江(撮影・菅敏)

<競泳:日本選手権兼東京五輪代表選考会>◇7日◇東京アクアティクスセンター◇女子100メートル自由形予選

速い。東京五輪代表に内定した池江璃花子(20=ルネサンス)が、いきなり400メートルリレー派遣標準記録を突破した。予選3組6レーンに登場して、54秒30をマークして、全体1位で午後の準決勝に進出した。

前半をトップで折り返して、さらに加速した。伸びやかな泳ぎで、同2着白井に1秒02の差をつけた。予選で唯一、54秒台を記録。54秒30は、20年度日本ランキング1位五十嵐の54秒42を上回る記録だった。

池江は4日に女子100メートルバタフライで57秒77を出して優勝。400メートルメドレーリレー派遣標準記録を突破して、五輪代表に内定した。2月に同種目を泳いでから1秒67もタイムを短縮する驚異的な泳ぎを見せた。大目標は24年パリ五輪だったが、その途上にある東京五輪に手が届いた。

レース後は大粒の涙を流して「優勝できるとは思っていなかった。本当にもう言葉にできない」と喜びを口にした。その上で、100メートル自由形に向けて「あと3本残っているので気を抜かずに頑張りたい」と話していた。

100メートル自由形は、派遣標準記録が53秒31。400メートルリレーの代表選考も兼ねており、リレー派遣標準記録は54秒42。もともと池江にとってリレーメンバー4人が最も代表に近いと目される種目だった。池江自身も、大会前の2日には「1フリ(100メートル自由形)はいろんな意味で楽しみな種目」と口にしていた。

最初の種目で東京五輪代表を決めて、気分よく臨んだ2種目目の100メートル自由形。準決勝、決勝でも強さを発揮する予感が漂った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加