NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
「燃ゆる女の肖像」監督が男の子として過ごす主人公のひと夏描く「トムボーイ」9月公開

「燃ゆる女の肖像」監督が男の子として過ごす主人公のひと夏描く「トムボーイ」9月公開

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/07/21

「燃ゆる女の肖像」で知られるセリーヌ・シアマの監督作「トムボーイ」が、9月17日より東京・新宿シネマカリテほかで公開される。

No image

「トムボーイ」ポスタービジュアル

すべての画像を見る(全4件)

「トムボーイ」は長編デビュー作「水の中のつぼみ」で高い評価を獲得したシアマが、「前作とは別の方法を試したい」という志のもと2011年に発表した長編2作目。低予算のインディペンデント作品ながら、本国フランスでは30万人を動員するヒットを記録した。ベルリン国際映画祭ではテディ賞審査員特別賞を受賞している。

No image
No image

本作はジェンダーアイデンティティの揺らぎを抱えながら少女として育ってきたロールが、引っ越し先で新たに知り合った友達に「ミカエル」と名乗り、男の子として過ごし始める物語。ロールは友達のリザからミカエルとしての自分に好意を抱かれていることに葛藤しつつも、距離を縮めていく。そして新学期が近づく夏の終わり、友人や家族たちとの間にも変化が訪れる。

ロール / ミカエルを演じたのは、オーディションで選ばれたゾエ・エラン。マロン・レヴァナが妹ジャンヌ、ジャンヌ・ディソンが大人びた雰囲気の少女リザに扮した。日本版ポスタービジュアルには劇中のキーワードとなる「きみの名前は?」の一文が添えられている。

※記事初出時、誤解をまねく表現がありました。お詫びして訂正いたします

(c)Hold-Up Films & Productions/ Lilies Films / Arte France Cinema 2011

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加