人道支援続けた医師「中村哲さん」の軌跡描いた映画上映【佐賀県】

人道支援続けた医師「中村哲さん」の軌跡描いた映画上映【佐賀県】

  • SAGATVニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

サガテレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

アフガニスタンなどで人道支援を続け2019年に銃弾を受けて亡くなった医師、中村哲さんの活動の軌跡を綴ったドキュメンタリー映画が25日から、佐賀市の映画館で上映されました。

佐賀市の映画館「シアター・シエマ」では、73歳で亡くなった医師、中村哲さんの35年の歩を伝えるドキュメンタリー映画「荒野に希望の灯(あかり)をともす」が25日から上映されました。

中村哲さんは、パキスタンで医療支援に取り組み、その後、大干ばつが襲ったアフガニスタンで地域住民とともに井戸の掘削や用水路を建設し、病や貧困に苦しむ人々の命を救いました。

映画は、中村さんの生き方と活動の軌跡を綴った内容となっています。

【客】

「今まで出来なかったことをやり遂げて感激した」

【客】

「その人(中村さん)の一生の思い出を私も受けたい」

劇場版「荒野に希望の灯をともす」は佐賀市の「シアター・シエマ」で12月15日まで上映されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加