「強行犯係 樋口顕」内藤剛志らが明かす“刑事ドラマあるある”

「強行犯係 樋口顕」内藤剛志らが明かす“刑事ドラマあるある”

  • TVガイド
  • 更新日:2021/01/14
No image

テレビ東京系で1月15日からスタートする、金曜8時のドラマ「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」(金曜午後8:00)のリモート取材会が行われ、主演の内藤剛志、共演の佐野史郎、榎木孝明が登壇した。

ドラマは、警察小説の名手である今野敏氏の小説をドラマ化した本格ミステリーで、15年以上にわたりスペシャルドラマとして9作放送された「強行犯係 樋口顕」シリーズを連続ドラマ化。これまでのシリーズ同様、主人公・警視庁捜査一課強行犯係の警部・樋口顕を内藤、樋口の盟友にして最大の理解者である氏家譲役に佐野、強行犯第三係を見守る管理官・天童隆一役に榎木、樋口の妻・恵子役に川上麻衣子、夫婦の娘・照美役に逢沢りな、新聞記者の遠藤貴子役に矢田亜希子、樋口の部下・菊池和馬役に佐野岳が扮(ふん)し、樋口を支えるキャストが引き続き出演する。

今作の見どころを聞かれると、内藤は「まず第1話の脚本をいただいた時に『これ最終回がいいんじゃないか』と申し上げました。この作品ってどこにでもいる男たちが頑張るというドラマなんですね。ですが、1話が非常にエモーショナルだったので。正義についてのお話で、何が正しいかなんて答えが出ないのですが、正しいことをするってどういうことなんだろうかと、考えるきっかけになればと思います」とコメント。

佐野は「樋口家のお話が本当に重厚でとんでもないことになります。友人として刑事として、そこの葛藤が一番の見どころですかね。このメンバーでずっとやってきていますが、連続ドラマが始まる前に友情と仕事の差異についてあらためてしっかりと話し合いました。連続ドラマになることで、こういうところがフィーチャーされていると思います」と連ドラだからこそ描くことができる重厚さをアピールした。

そして、榎木は「樋口班のチームワークぶりでしょうか。われわれ3人は同級生ということもあり、根底に気を許せるところがあって、そこが芝居に出ると思います。しかも原作者の今野敏さんも同い年。彼もハードボイルドタッチを得意とする作家なので、その要素が実に見事にこの作品には入っていると感じます。なので単なる刑事ものというより、複合的な要素があって内藤剛志を中心にまとまったチームワークのよさは一つの売りになると思う」と気心の知れた仲間の絆を強調した。

また、3人はこれまでも数多くの刑事ドラマ作品に出演してきたこともあり、「刑事ドラマあるある」について質問が投げかけられると、内藤は「名前を覚えるのが大変」と回答。「『よく専門用語が難しいでしょ?』とおっしゃっていただくことが多いんですが、実はNGが出るポイントはここなんです。すべての刑事ドラマがたとえば犯人は全部田中さん、被害者は鈴木さんとかで統一してくれるとめっちゃ楽ですよ(笑)。すみません、田中さんと鈴木さんにはなんのアレもないですけど(笑)、そういうふうにしてくれるとありがたい。名前とか会社の名前とか意味のない固有名詞を覚えるのが大変です」と冗談を交えつつ、その理由を解説。

人名については佐野も身に覚えがあるようで、「刑事ドラマってフルネームで呼ぶことが多いじゃないですか。誰が誰だとはっきりと伝えないといけないので。でも普段はフルネームで呼ばないじゃないですか(笑)。説明ゼリフになっているのを、理路整然として、いかにこうやって普通に話をするかっていう戦いは、刑事ドラマで一番格闘するところです。まあ、でもそれも楽しくはありますよね」と明かしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加