ヤクルト・高津監督は落胆「対策は練っているんですけど...」難敵森下に完封負け

ヤクルト・高津監督は落胆「対策は練っているんですけど...」難敵森下に完封負け

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/07
No image

9回、一ゴロに倒れ悔しそうな表情を見せる村上

「ヤクルト0-2広島」(6日、神宮球場)

高津ヤクルトが今季初の完封負けを喫した。昨季から苦手にしている広島・森下をこの日も攻略することができず。本拠地開幕4連敗を喫した。

少ない好機を生かせなかった。森下から得点圏に走者を進められたのは、3度のみ。まずは初回に2死一、二塁としたが、塩見が空振り三振に倒れた。

また六回には2死二、三塁を作ったが、村上が空振り三振に。最後の九回には無死二塁から、村上、塩見、代打・元山が凡打に倒れた。

昨季は森下に4戦3敗で、防御率1・00と抑え込まれていた。高津監督も打順を組み替えるなど、攻略の糸口を探すが、この日はセ・リーグ一番乗りとなる完封勝利を献上。

試合後の高津監督は「なかなか連打も難しいしね。対策は練っているんですけど、うまくいかないですね。(森下は)やっぱりコントロールはいいですね。今はなかなか点が取れる状況ではない。なんとか投手が踏ん張ってはいるんですけど、先に点を取ってという形がなかなかできないですね」と肩を落とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加