大雪の影響で...JR京都線など列車立ち往生 13人搬送

大雪の影響で...JR京都線など列車立ち往生 13人搬送

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/25
No image

動画を見る(元記事へ)

記録的な寒波による大雪の影響が全国に広がっています。大阪から京都にかけてのJRの路線では、24日夜から25日にかけて線路のポイントが故障し、複数の列車が、客を乗せたまま立ち往生しました。

JR西日本によりますと、24日午後8時ごろから、京都線の大阪-京都間で、複数の線路のポイントが大雪のため故障し、切り替わらなくなりました。

このため、京都線の高槻と琵琶湖線の山科の間で、少なくとも15本の列車が乗客を乗せたまま、立ち往生しました。

JR西日本は25日朝までに、乗客を列車から降ろし、近くの駅まで誘導するなどの対応を取り、現在は列車に閉じ込められた乗客はいないということです。

列車に閉じ込められた乗客:「4時間くらい缶詰めになって。トイレもできないような感じで、とても大変だった」

消防によりますと、京都府内で立ち往生した複数の列車では、乗客の男女13人が体調不良を訴え救急搬送されましたが、いずれも命に別状はないということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加