コロナ禍で結婚式開催に悩む夫婦、支える式場の想い

コロナ禍で結婚式開催に悩む夫婦、支える式場の想い

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/01/12
No image

動画を見る(元記事へ)

緊急事態宣言の影響は結婚式にも。

結婚式の開催を検討する、よしきさん・はるなさん夫婦。元々は去年の4月に結婚式を予定していましたが、2回延期。招待者を90人から35人に変更して来月20日に行う予定でした。一時は式の取りやめも頭をよぎりましたが、今は親族だけに縮小するか悩んでいます。

東京・港区にある結婚式場は感染対策をし、式の開催を諦めないでほしいといいます。式場では健康状態のアンケートの実施や喚起などの対策を強化しています。

時短要請などの対象外で協力金がでない結婚式場。キャンセル費用などは新郎・新婦か企業側が負担しなければなりません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加