高校生が学校にうな重の出前を取ろうとして問題に 指導される可能性も

高校生が学校にうな重の出前を取ろうとして問題に 指導される可能性も

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/10/17
No image

(kuppa_rock/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

高校生の昼食といえば、自宅で作るかコンビニで買った弁当、または学食がほとんどだ。しかし、あるユニークな方法で昼食を摂ろうとした高校生が問題になっているようだ。

それは、昼食の時間にうな重の出前を取ろうとしたこと。実際にうな重の出前を頼もうとした関東地方に住む高校生に話を聞くと、以下のような流れで確認したにもかかわらず、いま生徒指導を受けそうになっているという。

■問題になるまでの流れ

生徒:2限目が終わったときにその授業を担当していた教師に「昼食を出前にしたい」と聞く

教師:「何を食べたいの?」と質問

生徒:学校の近くにあるうなぎ店のことを話し、その店のうなぎが食べたいと説明(もちろん自分のお金で)

教師:停学にはならないが教師で協議の上、生徒指導を受けることになるかもしれないと生徒に話す

といった流れだった。

関連記事:都立高生が中学副校長とのトラブルで逮捕 教委は「対応に課題ないわけではない」

■生徒指導が必要なのか

確かに出前を教室に持って来るのはセキュリティの問題もあり大人の感覚では間違いなくNGだと思われるが、勝手に頼んだワケではないため、「わざわざ生徒指導を受けるようなことなのだろうか?」という気にもなる。

しかし、その理由が「高級なうな重を食べて他の生徒にマウンティングしたい」などのおぼっちゃまくんがやりそうなけしからん理由であれば、確かに指導されても仕方がない。そこで、なぜうな重を食べたくなったのかについても生徒に聞いてみた。

■なぜうな重を取ろうと思ったのか

「学校の近所で、登下校のときに見かけて、『うな重、出前致します』って看板が出てて、前通ると美味しそうな匂いがしてたので食べてみたいなと思って出前してみたいなと思いました!」

(生徒からの原文ママ)

…なんとピュアな気持ちなのだろうかと、生徒の話を聞いて率直に感じた。いつも通る学校への道にあるうなぎ店から漂う、香ばしいうなぎのかば焼きの香り。

それに魅力を感じ、うな重を食べてみたいという無垢な気持ちを指導で委縮させるのは、話し方によっては枠にとらわれず思ったことを話す純粋さを失わせる結果になるかもしれない。

■うなぎを昼に食べるための指導を

このことを元教師の男性に話してみたところ、「出前を許すとピザを頼んだり歯止めがきかなくなる可能性もあるが、あまり委縮させるのも良くない。私なら昼休みに自腹でうな重の出前を取ろうとするなんてすごくユニークな生徒だと思うし大ごとにはせず、発想は褒めつつなぜダメなのか説明する」というコメントを得ることができた。

出前はダメだが弁当ならいいのでどうしても食べたいならかば焼きを前日に買い、朝に炊いたご飯と合わせて弁当ならOKなど、ぜひ先生方にはどうしたら昼にうな重を食べていいのかという方法についても、ぜひ指導してもらいたい。

食に興味のない若者も多い中、純粋にうな重を美味しそうだと思い食べてみたいという気持ちは、じつは非常に貴重なものではないだろうか。とにかく、生徒が委縮して自由な発想が奪われてしまうことだけは避けてほしい。

・合わせて読みたい→100回スクワットジャンプの体罰受けた女子生徒 歩行不可能で転校も視野に

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加