「これからCOVID-19はどうなる?」「日本のワクチンはまだ?」“腐女医”のさーたりさんが、専門家の父に聞いてみた

「これからCOVID-19はどうなる?」「日本のワクチンはまだ?」“腐女医”のさーたりさんが、専門家の父に聞いてみた

  • 文春オンライン
  • 更新日:2021/04/08

感染症やワクチンに関心が高い今こそ、ウイルス、ワクチンについて知ってほしい。そんな思いから、『腐女医の医者道』シリーズなどの著書がある消化器外科医のさーたりさんが、ウイルス専門の小児科医の中山哲夫さんと、感染症やウイルスについてマンガで解説した書籍が『感染症とワクチンについて専門家の父に聞いてみた』だ。実の親子でもある2人のやり取りを通じて学べる同書より、コロナウイルスの歴史を紹介する。

【写真】この記事の写真を見る(7枚)

◆◆◆

No image

副反応と有害事象

ワクチンは生体の持つ免疫応答を利用して感染を予防、重症化を予防する働きがあり、これがワクチンの主反応です。一方、副反応はワクチン接種後に発生した望ましくない反応で、科学的にワクチンに関連して起るものと想定できる事象のことを指します。主反応と副反応は別々の反応と思われますが、ワクチンはヒトの免疫反応を利用するもので、免疫とは病原体に対する防御機構です。防御機構は炎症反応としてあらわれます。したがって、主反応を別の視点から見ると熱が出たり、注射部位が腫れたり、痛かったりと副反応となります。

ワクチン接種後に発生した望ましくない事象

有害事象はワクチン接種後に発生した望ましくない事象で、その原因が科学的にワクチンと関連しておきるかどうかを問うものではありません。ワクチン接種後に起きた因果関係のはっきりしない有害事象も副反応として報告されてきました。専門家の中でもワクチン接種後に起きた出来事がワクチンと関連しているかどうかはっきりと区別することは難しく多くの場合は「因果関係は否定できない」と判定されます。こうした例も「副反応疑い」として報告されます。

その背景は種痘後の脳炎、DPT三種混合ワクチンの副反応などの訴訟に対して東京高等裁判所の二審で「ワクチン接種との因果関係について科学的な確固たる証拠がなくても時間的に高度の蓋然性があれば因果関係あり」との副反応の考え方が示されたことがあります。難しい日本語ですが「ワクチン接種後一定の期間(だいたい1か月)に起きたものは因果関係がはっきりしなくても副反応」ということです。この考え方は有害事象の考え方にあたります。

ワクチンは科学的な根拠が基本にあるのでワクチンに関連して起ると科学的に想定できる事象を副反応とするべきです。しかし、ヒトの反応は個々で異なる反応をしますから、みんなが同じような反応をするものではありません。その中で可能性を常に考えていく必要があり、現在の科学では解決できなくても将来解決できるかもしれません。

「予防医学は報われない」 “腐女医”のさーたりさんがコロナ禍で伝えたいワクチンの“実態”へ続く

(さーたり,中山 哲夫)

さーたり,中山 哲夫

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加