3Dホログラムサイネージ広告の効果は可視化できるか? 実証実験が大手町で開始!

3Dホログラムサイネージ広告の効果は可視化できるか? 実証実験が大手町で開始!

  • Techable
  • 更新日:2021/04/08

SBイノベンチャー株式会社、東京建物株式会社、株式会社Life is Style(以下、Life is Style)は、 「3Dホログラムサイネージでの映像配信と人流データを用いた広告媒体価値の定量化」に関する実証実験を、2021年4月5日〜4月30日の期間、大手町タワー“OOTEMORI”にて実施する。

今回の実証実験が目指すことは?

今回の実験で利用されているLfe is Styleの3Dホログラムディスプレイ「3D Phantom®️」は、過去にTechableでも紹介した通り、専用メガネ等がなくても、インパクトのある3D映像を体験できる技術だ。商業施設や店舗開発、DX等、様々な分野・場所での活用が期待されている。

しかしながら、今日、3Dのホログラムサイネージの活用を目にすることはそう多くない。そして、その効果を数値化した事例はまだないのが現状だ。今回の実証実験では、3Dホログラムサイネージの接触数と、人の流れの可視化を目指す。結果、広告媒体の価値を定量的に測ることが可能になり、費用対効果の分析に変化がもたらされることが期待される。

また、3Dホログラムサイネージが配信する斬新な映像が、どれだけ多くの通行人を引きつけ、店舗への送客につなげられるかにも注目が集まる。

3Dホログラムサイネージの活用促進に

今回の実証実験により、広告・PR媒体の費用対効果を測定することが可能と証明されれば、3Dホログラムサイネージの活用促進につながる。同時に、より多くの人たちに「体験型広告」を楽しんでもらえるようになるだろう。

PR TIMES(1)
PR TIMES(2)

(文・和泉ゆかり)

izumiyama

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加