検察×ケリー被告全面対決「開示避ける方策」「合法的方法探った」

  • 産経ニュース
  • 更新日:2020/09/16

「主役不在」のまま長期にわたる法廷闘争が幕を開けた。日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(66)の役員報酬を過少記載したとして、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪に問われた元代表取締役、グレゴリー・ケリー被告(64)。東京地裁で15日に開かれた初公判では、レバノンに逃亡したゴーン被告と歩調を合わせるかのように、検察側と全面対決する姿勢を鮮明にした。
 起訴状などによると、ケリー被

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加