逆転勝ちの西武に小林幸子が予告「私はランボルギーニで登場」

逆転勝ちの西武に小林幸子が予告「私はランボルギーニで登場」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/10/16
No image

◆西武2-1オリックス(16日、メットライフドーム)

西武が自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出が消える瀬戸際で踏ん張り、逆転勝ちした。

先発の今井は5回まで6四球を与える不安定な内容ながら無失点。6回1死一、三塁のピンチを招き101球で降板した後、2番手の宮川が打たれて先制点を献上した。

しかしその直後の攻撃で山岡から無得点に抑えられていた打線が奮起。2死一、二塁から栗山が右中間へ逆転の適時二塁打を放った。7回からは救援陣が無失点リレー。ドラフト1位の宮川がプロ2勝目、本拠地では初白星をマークした。

連敗を2で止め、3位楽天に再び1・5ゲーム差と迫った西武は、17日の試合を「台湾デー」として開催する。試合前には台湾観光親善大使を務める歌手の小林幸子がセレモニアルピッチを行う予定だ。シルバーのドレスを着用して登板するという小林は、球団に「野球場といえば『リリーフカー』のイメージを持っていますが、私はランボルギーニに乗車してバックスクリーンから登場します」と予告。チームの勢いを加速させるべく降臨する小林の豪華な投球に注目が集まりそうだ。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加