ダービー延期要請のアーセナル、“ご意見番”ネビル氏は反対「他のどのクラブの責任でもない」

ダービー延期要請のアーセナル、“ご意見番”ネビル氏は反対「他のどのクラブの責任でもない」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/01/16
No image

元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏が、ノース・ロンドン・ダービー延期に反対した。イギリス『ミラー』が伝えている。

【動画】プレミア屈指の攻撃的MFが魅せた技ありトラップ&ターンからの弾丸ミドル!

アーセナルでは先日から、新型コロナウイルス感染、負傷、そしてアフリカ・ネーションズリーグ参加といった理由から起用不可能な選手が続出。FWピエール=エメリク・オーバメヤンやMFブカヨ・サカ、MFマルティン・ウーデゴールといった主力を含む多数の選手がチームを離脱している。

これを受けてクラブは14日、翌日に開催予定のプレミアリーグ第22節トッテナム戦の延期を要請したと発表。リーグの規則ではフィールドプレーヤー13名+GK1名が出場可能な場合は試合を行わければならないが、アーセナルはそれを満たせていないと主張しているようだ。

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであり、引退後は解説者を務めるギャリー・ネビル氏もこの緊急事態に反応。選手が不足している状況の責任はアーセナルにあるという理由から、ダービー延期に反対した。

「フォラリン・バログンとエインズリー・メイトランド=ナイルズがレンタル移籍したことや、グラニト・シャカがレッドカードを貰ったこと。それらは他のどのクラブの責任でもない」

「試合を中止させるわけにはいかない。もし純粋にコロナによって10人から15人の選手が欠場するような特別な状況であれば、許されるだろうがね」

なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、プレミアリーグは15日にもアーセナルの延期要請に回答すると見込まれているという。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加