阪神・マルテ「先輩4番」の貫禄、適時打を含む2安打&全5打席で出塁

阪神・マルテ「先輩4番」の貫禄、適時打を含む2安打&全5打席で出塁

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

◇セ・リーグ 阪神7ー3広島(2021年5月2日 甲子園)

No image

<神・広>5回無死一、二塁、3番マルテは中前打を放つ(右奥は4番佐藤輝)(撮影・坂田 高浩)

阪神・佐藤輝の「先輩4番」マルテが適時打を含む2安打、2四球、1死球と全5打席で出塁した。1点を追う3回1死二塁、野村のツーシームをバットの先で拾い中前にしぶとく落とす同点打。「先制された後だったからすぐに取り返すことができてよかったね」。

5回には無死一、二塁からバットを折られながらも中前に運び、続く佐藤輝の逆転満塁弾をお膳立て。6回もコルニエルから9球粘って四球をもぎとり、佐藤輝の適時打をアシストした。出塁率は・403に上昇。中軸の一角として不可欠な存在だが、2軍では新外国人ロハスが2試合連続本塁打。ライバルの存在がマルテの勢いをさらに加速させる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加