【山口】強烈寒波襲来 大雪や路面凍結に警戒を

【山口】強烈寒波襲来 大雪や路面凍結に警戒を

  • KRY山口放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

非常に強い寒気の影響で、山口県内は瀬戸内側でも広い範囲で雪が積もっている。このあとも、大雪や路面凍結などに警戒が必要

非常に強い寒気の影響で、山口県内は瀬戸内側でも広い範囲で雪が積もっている。このあとも、大雪や路面凍結などに警戒が必要だ。

こちらは午前3時前の周南市の国道2号の様子。降りしきる雪の中、チェーンを巻くトラックの姿も見られた。

上空に非常に強い寒気が流れ込んでいる影響で、県内には断続的に雪雲が流れ込んでいる。これまでの積雪は、山口市阿東徳佐は20センチ。山口市前町では最大で12センチ、宇部で2センチなどを観測した。

(記者)

「こちらの県庁前にある藩庁門の屋根も雪が積もっています。そしてその深さですが、このように20センチはあるでしょうか。」

普段は雪の少ない瀬戸内側の周南市も雪化粧した。

(記者)

「道路に雪が降り積もり、車線と車線の境目が分からなくなっています」

周南市の徳山駅では遅れた電車などの影響で通勤を急ぐ人の姿が見られた。

(山口市から通勤した女性)

「30分遅れで徳山駅に着いているみたいなので、今から8時半(の始業)に間に合うかなって焦っている。営業の人とかはもしかしたら出られないかもしれないので影響があると思う」

(田布施から通勤した男性)

「ここまで降るとは思わなかったです。みんな滑って転んで大変みたいで。ちょっと早めに出たんだけどそれでもちょっと遅めになっちゃったね時間がかかって」

県内は、中部、岩国に大雪警報が発表されていて、このあとも昼過ぎにかけて、雪雲が流れ込みやすい状況が続く見込みで積雪や路面凍結に警戒が必要だ。

また10年に一度程度の気温がかなり低い状態は、あすにかけて続く予想で、水道管の凍結にも注意が必要だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加