新型コロナ第8波 専門家会合「今後も減少傾向続く見込み」

新型コロナ第8波 専門家会合「今後も減少傾向続く見込み」

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/26
No image

動画を見る(元記事へ)

新型コロナウイルス「第8波」の感染状況について、厚生労働省の専門家会合は今後について「全国的に減少傾向が続くことが見込まれる」との分析を示しました。

脇田隆字座長:「今後の感染状況については、短期的な予測では全国的に減少傾向が続くと見込まれております」

25日に厚労省で開かれた専門家会合では、直近1週間の全国の感染者数が前の週の0.59倍となり、すべての都道府県で1を下回ったと報告されました。

脇田座長は減少の理由について「一過性の集団的な免疫状態」と分析した一方で、年代別で見ると10歳未満の減少幅が小さく、一部の地域では増加もみられるとして注意を呼び掛けました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加