『オー!マイ・ボス!』第7話 “潤之介”玉森裕太、“奈未”上白石萌音の母にも嫌われる

『オー!マイ・ボス!』第7話 “潤之介”玉森裕太、“奈未”上白石萌音の母にも嫌われる

  • クランクイン!
  • 更新日:2021/02/23
No image

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第7話場面写真<画像をもっとみる>

女優の上白石萌音が主演し、菜々緒Kis‐My‐Ft2玉森裕太らと共演するドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系/毎週火曜22時)第7話が今夜放送。第7話では、奈未(上白石萌音)に避けられている潤之介(玉森裕太)が、勘違いから奈未の母にも嫌われてしまう。

【写真】コテージでの“奈未”上白石萌音と“中沢”間宮祥太朗 『オー!マイ・ボス!』第7話より

廃刊の危機を迎えたMIYAVI編集部。麗子(菜々緒)と奈未のスポンサー探しは難航していた。

そんな中、奈未の家族が上京し、アパートにやってくる。そこに潤之介も鉢合わせするが、理緒(倉科カナ)と抱き合っているのを見てしまった奈未は潤之介と話すことを拒否。娘をたぶらかそうとしている悪い男だと勘違いした奈未の母・真未(宮崎美子)は、潤之介を追い返してしまう。

一方、中沢(間宮祥太朗)や遥(久保田紗友)ら編集部メンバーは、長野のコテージへ取材に行くことに。偶然、奈未と麗子もある化粧品会社の磯辺社長(近藤芳正)を訪ねるため、同じ場所に行くことになり…。

潤之介は誤解を解こうと再び奈未のアパートを訪れる。すると、困っている奈未の父・義郎(橋爪淳)と遭遇し…。

田辺茂範のオリジナル脚本による本作は、ファッション誌編集部を舞台にしたお仕事&ラブコメディー。同じTBS火曜ドラマ枠で昨年1月期に放送された『恋はつづくよどこまでも』でゴールデン・プライム帯初主演を果たした上白石が再び主演し、菜々緒、玉森のほか、間宮祥太朗、ユースケ・サンタマリア、久保田紗友、高橋メアリージュン、高橋ひとみ、倉科カナ、犬飼貴丈らが共演する。

火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第7話は、TBS系にて2月23日22時放送。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加