「常習的で悪質」 甘夏窃盗の男2人 執行猶予付きの実刑判決 静岡・清水区

「常習的で悪質」 甘夏窃盗の男2人 執行猶予付きの実刑判決 静岡・清水区

  • 静岡第一テレビ
  • 更新日:2021/10/14
No image

静岡市清水区の畑から甘夏を盗んだ罪に問われた男2人に対し、執行猶予のついた有罪判決が言い渡された。判決を受けたのは住居不定で本間誠司被告と、富士市の藤田弘幸被告。2人は静岡市清水区の畑などから甘夏40キログラムを盗んだ疑いで逮捕された。

14日、静岡市清水区の畑から甘夏を盗んだ罪に問われた男2人に対し、執行猶予のついた有罪判決が言い渡された。

判決を受けたのは住居不定で販売業の本間誠司被告と、富士市の販売業藤田弘幸被告の2人。

判決によると2人は今年6月、静岡市清水区の畑などから2回にわたり甘夏およそ40キログラムを盗んだ。14日、静岡地裁は「常習的な犯行で悪質である」としながらも「犯行を認めて反省している」として2人に執行猶予3年が付いた有罪判決を言い渡した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加