カフェに足湯 花眺めてくつろいで 湯郷温泉街に「湯の華ガーデン」

カフェに足湯 花眺めてくつろいで 湯郷温泉街に「湯の華ガーデン」

  • 山陽新聞デジタル
  • 更新日:2022/05/14
No image

オープンした湯の華ガーデンでくつろぐ家族連れ

観光農園の美作農園(美作市奥)は14日、市内の湯郷温泉街の一角に花をめでながらくつろげるカフェや足湯コーナーを設けた庭園「湯の華ガーデン」をオープンした。

同温泉観光案内所前の直営店に隣接。カフェは、庭園(約1300平方メートル)内のオープンスペースと、木造2階の建物の2階部分にそれぞれ約40席を配置した。オープンスペースでは見頃を迎えたバラやスミレを眺めながら、ピザやサンドイッチ(1500~2千円)を楽しめる。建物は1階でオープンに合わせて開発したイチゴ風味のクラフトビール「美作craft」などを販売している。

足湯には温泉街の元湯を活用。湯に農園で取れたイチゴを浮かべ、インスタ映えする写真を撮影することもできる。足湯の利用は1人500円。

家族5人で訪れた会社員男性(38)=津山市=は「子どもが遊具で遊べるスペースもあり、利用しやすい。休日のひとときをゆっくり満喫できた」と話していた。

営業は午前10時~午後5時。水曜定休。問い合わせは同ガーデン(0868―73―3380)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加