開催国カタールがW杯初ゴールも痛恨の2連敗... セネガルはミスを見逃さなかったディアの超低空シュート炸裂で初白星!

開催国カタールがW杯初ゴールも痛恨の2連敗... セネガルはミスを見逃さなかったディアの超低空シュート炸裂で初白星!

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/11/26
No image

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループA】カタール1-3セネガル(日本時間11月25日/アルトゥママ スタジアム)

FIFA ワールドカップ カタール 2022グループA第2節、カタールvsセネガルが行われ、セネガルが3-1で勝利している。

【映像】ミスにつけ込む低空シュート

ワールドカップ初出場となる開催国のカタール(FIFAランク50位)。今大会のオープニングゲームではエクアドルと対戦し、開催国史上初となる初戦での敗戦という悔しさを味わった。

一方、2大会連続3回目の出場となるセネガル(FIFAランク18位)は、オランダとの開幕戦で0-2の敗戦。両チームともにノックアウトステージ進出に向けて、この第2戦は絶対に負けられない一戦となった。

ターニングポイントとなったのは34分。カタールが攻め込んだ場面で、ボックス内に侵入したアクラム・アフィフ(アルサッド/カタール)が、イスマイラ・サール(ワトフォード/イングランド)と接触で転倒。カタールの選手たちはPKを主張するが、笛は吹かれずVARの介入もなく試合は続けられた。

すると41分、今度はセネガルにチャンス。ボックス内でブアレム・フーヒ(アルサッド/カタール)がクリアミスしたところを見逃さなかったブライエ・ディア(サレルニターナ/イタリア)が右足を一閃。これがネットに突き刺さり、セネガルが先制して試合を折り返した。

後半も最初のチャンスでセネガルが追加点を奪う。47分に右CKを獲得すると、ニアに走り込んだママドゥ ルーム・エンディアイエ(レディング/イングランド)がうまく頭で合わせてネットを揺らした。

しかしカタールも反撃に出ると78分に歴史的瞬間を迎える。右サイドのイスマイール・モハメド(アルドゥハイル/カタール)が入れたクロスボールに途中出場のモハメド・ムンタリ(アルドゥハイル/カタール)が頭で合わせる。するとこれがネットを揺らし、カタール代表にとっては嬉しいワールドカップ初ゴールとなった。

しかし喜びも束の間。84分にはバンバ・ディエン(マルセイユ/フランス)が3点目を奪い勝負あり。セネガルが今大会初勝利を手にし、カタールは2連敗となった。
(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加