ボード1枚で変化自在なスズキ「スペーシア ベース」車中泊もお座敷スタイルも!【東京オートサロン2023で見つけたキャンプなクルマvol.4】

ボード1枚で変化自在なスズキ「スペーシア ベース」車中泊もお座敷スタイルも!【東京オートサロン2023で見つけたキャンプなクルマvol.4】

  • hinata〜きっとそとが好きになる〜
  • 更新日:2023/01/25

ルーフは着脱式ボート!?ダイハツ「アトレー」に冒険仕様【東京オートサロンで見つけたキャンプなクルマvol.3】

ちっこいけどデッカイ楽しさ!なんでも叶うキャンプの相棒

スズキ自動車のブースでhinataが注目したのが、こちらの車中泊仕様にした「スペーシア ベース」です。

No image

救急車をベースにキャンピングカーにDIYした愛車で絶景車中泊を楽しむYouTuber「チキチキバンバン」さんとのコラボによる1台。

Paraviオリジナル旅番組『お手伝い ももクロトラベル』にて、ももいろクローバーZのメンバーがスペーシア ギアで夢を叶える様子を配信しているので、興味をもっている人も多い軽自動車なのではないでしょうか。

ボードの組み替えで簡単に夢が叶う!

展示されていたスペーシア ベースは、荷室に備えられている「マルチボード」での拡張性の高さを武器に、快適な車中泊スタイルが実現されていました。

No image

写真のように「荷室下段」に標準装備のマルチボードを設置すれば、大人も楽に横になれるフルフラットな空間に。後席と全席(ヘッドレスト取り外し)を倒し、純正アクセサリーのリラックスクッションを席の間にレイアウトして、床面に隙間のない快適空間の出来上がり!

荷室床とマルチボードの間には空間も確保されているので、何かと増えがちなキャンプ用ギアも邪魔になることなく収納可能です。

また、このマルチボードは、デスクワークがしやすい高さの「上段」に設置したり、お座敷スタイルにもぴったりな「中段」に設置したり、縦に設置して荷室を「前後」に分割したりと、さまざまな活用方法が楽しめるのもポイントです。

No image

スズキ純正のカータープを接続した例。トップブランド「ogawa」製なので、デザインもスペックも申し分なし。車内とアウトドアをつなぐ空間を手軽に作り出せるので、キャンプ好きならスペーシア ギアと併用したいアイテムであることは間違いありません!

hinata的これイイゾ!

No image

こちらは、車体後方に備えられた電源取り込み口。販売会社装着アクセサリーの外部電源ユニットを使用すれば、車外から電源を供給することが可能に!

車両のバッテリー上がりを気にすることなく、最大1,500Wまで電化製品を使用できるので、キャンプ場でも電源付きサイトなどで電源を引き込めば、快適な車中泊やキャンプ時間が過ごせるというわけです。

【基本情報】
車名:スペーシア ベース(XF 2WD)
サイズ:
[全長]3,395mm
[全幅]1,475mm
[全高]1,800mm
[ホイールベース]2,460mm
車両重量:870kg
乗車定員:4名
エンジン:水冷4サイクル直列3気筒
総排気量:0.658L
駆動方式:2WD
タイヤサイズ:155/65R14(F・R)

軽商用バンがキャンプをもっと面白くする!

No image

2022年夏に発売され、幅広い層に注目されている「スペーシア バン」。

自由自在な荷室と低く抑えた荷室開口地上高を備えているので、キャンプのお供にもぴったり。細かなキャンプギアを収納できるオーバーヘッドシェルフ(グレード別設定)やリヤクォーターポケット、さまざまな活用方法が楽しめそうなユーティリティーナットなど、アウトドアライフに役立つ機能も満載です。

hinataではこれからも、キャンパーが楽しめるクルマ情報をお届けするのでお楽しみに!

撮影/渡辺昌彦

hinata編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加