英、ミャンマー駐在武官の在英大使館「占拠」を批判

英、ミャンマー駐在武官の在英大使館「占拠」を批判

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/04/08
No image

英ロンドンのミャンマー大使館から閉め出され、大使館前に立つチョー・ズア・ミン駐英ミャンマー大使(中央、2021年4月7日撮影)。

【AFP=時事】英国のドミニク・ラーブ外相は8日、ロンドン駐在のミャンマー大使が大使館から閉め出され、駐在武官らが大使館を「占拠」したことについて、ミャンマー国軍を非難した。

ラーブ氏はツイッターに「われわれは、ロンドンで昨日発生した、ミャンマー軍事政権による横暴な振る舞いを非難する」と投稿した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加