NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
Vシネマの帝王・小沢仁志、ドッキリ企画で迫真の名演技 宮迫博之の運命は

Vシネマの帝王・小沢仁志、ドッキリ企画で迫真の名演技 宮迫博之の運命は

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/07/21
No image

「Vシネマの帝王」と呼ばれる俳優・小沢仁志が、自身の公式YouTubeチャンネルでお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之と初コラボ。21日の20時より配信される。

■「Vシネの帝王」の新たな魅力満載

「Vシネマの帝王」や「顔面凶器」などの異名を持ち、存在感のある演技で根強い人気を集めている小沢が、自身の59歳の誕生日である6月19日に公式YouTubeチャンネル『笑う小沢と怒れる仁志』を開設。世間に定着している怖いイメージだけではなく、新たな彼の魅力を知ってもらうため、さまざまなコンテンツを配信している。

自身が出演するゲーム『龍が如く 0 誓いの場所』の実況動画は、合計30万回以上再生され、国内のみならず海外の視聴者からもたくさんのコメントが寄せられている。

今回の動画では、同チャンネルに初ゲストとして宮迫が登場し、登録者数140万人超えの人気を誇る宮迫のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!【宮迫博之】』とコラボする。

【動画】ドッキリ企画で小沢仁志が宮迫にガチギレ

関連記事:オリラジ藤森、『アメトーーク!』初出演の裏側を告白 「今だから言いますけど…」

■YouTube史上最凶のドッキリ

No image

動画は、宮迫のチャンネルに小沢がゲスト出演し、宮迫の後輩芸人・響の2人にドッキリを仕掛けた後の場面からスタート。

No image

小沢の楽屋を訪れたディレクターに、響の2人がかわいそうだったと話すと、響の2人に何度もネタを振った宮迫への憤りがよみがえった様子で「宮迫、ハメたるか」と一言。そこから、小沢が宮迫へYouTube史上最凶のドッキリを仕掛けることに。

■迫真の演技に凍りつく一同

気になる内容は、ドッキリ企画が嫌いな小沢が、宮迫とのコラボ収録前日に突然対談企画からドッキリ企画へ変更されたことに対して、楽屋でブチギレるというもの。

何も知らない宮迫が自身の楽屋で響の2人とほのぼのとしたトークで和んでいると、突然壁の向こうから「だから言っただろ俺ドッキリ嫌いだって」と怒る小沢の声が。楽屋の空気は一瞬にして凍りつく。

「俺は本当の対談がやりたかったんだよ」と収録への不満を漏らすと、楽屋のティッシュケースを投げつけたり、椅子を蹴り飛ばすなど、怒りの演技はヒートアップ。

■実況プレイで自身が演じる久瀬大作と対戦

怒りが最高潮になった小沢が「宮迫呼べよ」「宮迫こっちへ来いよ」と大声をあげて自身の楽屋へ宮迫を呼び出すと、顔面蒼白で恐る恐る小沢の楽屋向かう宮迫。その結末は…。

また、24日には同チャンネルの人気企画、ゲーム『龍が如く 0 誓いの場所』の実況プレイで、遂に自身が演じたキャラクターの久瀬大作と戦う模様を配信するという。小沢の公式YouTubeチャンネル『笑う小沢と怒れる仁志』から目が離せない。

・合わせて読みたい→宮迫博之、YouTubeで視聴者に謝罪 コメント欄が大荒れする事態に

(文/しらべぇ編集部・ゆきのすけ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加