尚志の2年生ボールハンター、MF神田拓人。日本高校選抜候補戦は今後への刺激に

尚志の2年生ボールハンター、MF神田拓人。日本高校選抜候補戦は今後への刺激に

  • ゲキサカ
  • 更新日:2023/01/25

[1.23 練習試合 日本高校選抜候補 5-1 U-17日本高校選抜候補 時之栖G]

U-17日本高校選抜は1本目、年上の日本高校選抜候補相手に0-0。MF神田拓人(2年)は尚志高の恩師・仲村浩二監督率いる日本高校選抜候補を苦しめた。仲村監督も後日、教え子の守備に苦戦したことを認めていたが、その守備感覚、ボール奪取力の高さは選考合宿を通して光っていた。

神田は得意とする守備面について、特に予測の部分について意識しているという。そして、相手の体の向きなど見ながら、パスの瞬間に相手との距離を一気に詰めてインターセプトしている。

今回の選考合宿は、「自分、守備のところはできるところだと思う」という部分で改めて手応え。流通経済大、日本体育大との練習試合で的確なシュートブロックのほか、奪ったあと繋ぐ部分までの役割ができたという感覚を持っていた。

だが、最終日の日本高校選抜候補戦は思うようなプレーができず。U-18日本代表でもある相手ボランチ、MF徳永涼(前橋育英高3年)らと対峙して学んだことがあったようだ。

「寄せれるは寄せれるんですけれども、上手く間合いで取られない位置にいたり、そこは自分も吸収したいなと思います。(また、自分は)まだ取るところで精一杯になってしまっているので、もっと取る前に回りの状況を確認して、もっと攻撃に繋げられるようにしたいと思います」

この1本目、日本高校選抜候補は徳永をはじめ、プレミアリーグ所属選手が7人出場していた。その寄せの速さを実感した神田は、「今年からプレミア(リーグ参入)なので、きょうの試合は本当に自分も刺激を受けましたし、この1年間やってやるぞという気持ちはこの試合で湧きました」と新シーズンへの意気込みを新たにしていた。

尚志は過去2年間のインターハイ、選手権で全てPK戦敗退。上位進出することができていない。プレミアリーグに昇格する今年の目標について、神田は「ずっと尚志に入ってから全国制覇が目標なので、全国制覇。選手権も、インターハイも、どっちも優勝できるように。プレミアで(尚志)は過去2回戦っているんですけれども、過去2回いずれも1年で降格しているので、今年の代は絶対に残留目指して優勝できるようにやっていきたい」と誓った。

神田はクローズアップされている守備面に加え、攻撃面でも決定的な仕事のできるボランチを目指している。理想像は自身よりも15cm以上大柄な選手ではあるものの、元フランス代表MFパトリック・ヴィエラ。「攻守においてどっちもできる選手になりたいと思っていて、まだ守備の方に行っていて攻撃力がまだまだなので、やって行って、点も取れるボランチになっていきたい」。この日の戦いでスイッチの入った“尚志のボールハンター”。より攻守に活躍できる選手になってプレミアリーグ開幕を迎える。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
●【特設】高校選手権2022

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加