大谷翔平、8回まで投げきり自己最多13奪三振! 米記者は衝撃「1日前には、キャリアハイの8打点を記録していたが...」【海外の反応】

大谷翔平、8回まで投げきり自己最多13奪三振! 米記者は衝撃「1日前には、キャリアハイの8打点を記録していたが...」【海外の反応】

  • ベースボールチャンネル
  • 更新日:2022/06/23
No image

Getty Images

大谷翔平、8回まで投げきり自己最多13奪三振! 米記者は衝撃「1日前には、キャリアハイの8打点を記録していたが…」【海外の反応】

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地カンザスシティ・ロイヤルズ戦で「2番・投手兼指名打者(DH)」として投打同時出場。この試合で自己最多を更新する13奪三振をマークした。これに米メディア『AP通信』のグレッグ・ビーチャム記者が衝撃を受けている。

【写真】エンゼルス、高額年俸ランキング2022

初回は序盤からヒットを打たれて無死一、二塁のピンチを迎えたが、しっかりと守り抜き無失点に抑えた。その後は16者連続アウトなどで相手に得点を与えず。7回まで無失点を継続し、96球を投げ切ってガッツポーズを見せた。さらに、8回も引き続きマウンドに立ち、メジャー自己最多となる13個目の奪三振を記録した。

ビーチャム記者は「大谷翔平がキャリアハイの13個目の三振を奪い、8回まで被安打2、無失点。この1日前には、キャリアハイの8打点を記録している」と綴り、大谷の活躍を伝えている。

baseballchannel

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加