菊池風磨、TikTok登場に反響「そっくりさんかと思ったら本人だった」「永遠にみてられる」

菊池風磨、TikTok登場に反響「そっくりさんかと思ったら本人だった」「永遠にみてられる」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/01/13
No image

菊池風磨、TikTok登場で反響

人気グループ・Sexy Zoneの菊池風磨が13日、生田斗真主演のテレビ朝日系ドラマ『書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』の公式TikTokアカウントに登場。反響を呼んでいる。

【動画】「そっくりさんかと思ったら本人」と話題の“変顔”もする菊池風磨

同アカウントでは「メンバー紹介」と題して、ドラマ出演者が自身の役どころをリズミカルに紹介。大学生の仙川俊也役を演じる菊池は「#女心が分からない #やたらと家に来る家庭教師」という設定で、菊池はそれをユーモラスな“変顔”とともに表現している。

この投稿に「そっくりさんかと思ったら本人だった」「TikTokの菊池風磨のビジュ良すぎん???????」「永遠にみてられる」「最後に変顔してくるあたりやっぱ風磨くんだなって思う」などの声が寄せられている。

同ドラマは、細々と執筆を続けながら家事全般を担っている売れない脚本家兼主夫・吉丸圭佑(生田)に、突然ゴールデンタイムの連続ドラマの脚本執筆という大仕事が舞い込んだことで巻き起こる騒動と、彼を見守るベストセラー作家の妻・奈美(吉瀬)ら家族の絆を描くマイ・ホームコメディー。脚本を手掛ける福田靖氏が自身や家族とのエピソードを投影したオリジナル作品。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加